車商人ズバッと参上!!「娘の教室と、自分の会社とがダブって見えた」の巻

先日、娘の小学校の授業参観日に行けなかったので、翌日に教室を覗かして頂きました。

元気の良い学年とは、噂には聞いておりましたが、個性があって素晴らしい子供たちでした。

個性とは、いろんな意味合いを含んでおりますが、この短い参観の時間内に私自身、物凄く勉強になりました。

内容は詳しくは言えませんが、一人一人に備わった素晴らしい創造力があり、一人一人のスイッチを見つけ出すことが先生の役目なんだなぁ~と感じました。

会社でも同じことが言えます。

社員の優劣をぼやいて舌打ちするよりも、一人一人のスイッチを見つけ出し、一緒に素晴らしい創造力を育んであげる事が大切なんだと言う事です。

人に迷惑をかける事はいけませんが、人の道の範囲の中で、思いっきり、そして精一杯行動することが大切なんです。

子供の能力を競わし、肝心な人間性を疎かにしている、最近までの教育現場のあり方には反対です。

臭い物には蓋をする発想は間違っていると思うし、問題を起こさせない為に子供を監視する体制にも違和感を覚えます。

先ず、人間性を育むことが大切なのではないでしょうか?


娘の教室と、自分の会社とがダブって見えたのでした。

・・・・・。

ありがとうございます。

ファイト!!爆発!!さぁ今日もファイトで宜しくお願い致します!!買取テ~~~~~~~~~~~ン!!



車買取システム 買取テン


”販売価格-10万円=買取価格”


ズバッ!と一発回答 無料お試し査定はこちら


有限会社 蒲生自動車 滋賀県東近江市




この記事へのコメント

大堀です
2013年05月19日 19:05
こんにちは!
そうですね、大人の九割以上は、自分の可能性に気づいていないか、あきらめてるか?
どちらかですよ。と、私もそうかもしれない。

腹をくくれる瞬間、これをはっけんしたら、これが、社長のいうスイッチでしょう。

スイッチに火をつけてあげること。
これが、指導者の仕事。社長とは、スイッチいれるしごとなのかも?とおもう今日この頃です。